赤穂浪士・堀部安兵衛の冥福祈る 会津坂下で追善法要

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
安兵衛と両親の冥福を祈った追善法要

 「忠臣蔵」で知られる赤穂浪士の一人、堀部安兵衛の顕彰会は14日、安兵衛の両親の墓がある会津坂下町の貴徳寺で追善法要を営んだ。参列者が安兵衛と両親の冥福を祈った。

 安兵衛は同寺で生まれ、同町で幼少期を過ごしたとされる。

 町民有志でつくる顕彰会は毎年、赤穂浪士が吉良邸に討ち入りした12月14日に合わせ、法要を行っている。

 中島輝哉会長ら参列者が焼香した。同町の新栄道場とひだまりの会が詩吟と舞を奉納した。

 法要後、赤穂浪士が討ち入り前にそばを食べて気勢を上げたことにちなみ、恒例のそば会も開かれた。