「いいたて雪っ娘かぼちゃ」イオン、ザ・ビッグなど12店舗販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いいたて雪っ娘かぼちゃが並ぶ売り場=福島市・イオン福島店

 東日本大震災が発生した2011(平成23)年3月に品種登録された飯舘村オリジナル品種のカボチャ「いいたて雪っ娘かぼちゃ」の販売が17日、県内のイオンやザ・ビッグ、イオンスタイルの計12店舗で始まった。22日まで。

 カボチャは白い薄皮と濃い黄色の果肉、甘さが特徴だ。同村と福島市松川町のほ場で収穫した約2トンを販売。100グラム当たり税込み48円。「いいたて雪っ娘かぼちゃプロジェクト協議会」が栽培し、イオン社員らが種まきや収穫に協力した。

 福島市のイオン福島店では、4分の1、半分、1玉を販売。店頭に立った同協議会の渡辺とみ子会長(64)は「冬至かぼちゃはもちろん、レンジで加熱するだけでおいしく食べられる。多くの人に味わってほしい」と話した。