東洋大生らこんにゃく作り 塙でモニターツアー、農泊交流協議会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
こんにゃく作りに取り組む参加者

 塙町の観光関係者などでつくる「はなわ農泊交流協議会」は18日までに、東京駅を発着点に同町を巡るモニターツアーを行った。東洋大の学生らがこんにゃく作り体験などを通じて町の魅力を実感した。

 国際観光学部の学生ら18人が参加。道の駅はなわで、町産のコンニャクイモを使ってこんにゃくを作った。このほか、町内各地でダリアの手入れ、ウオーキングなどを楽しんだ。