側溝の鉄製ふた盗難相次ぐ 60枚以上、1枚当たり重さ40キロ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 古殿町の町道などで10月20日~今月19日、側溝に設置された鉄製のふた60枚以上が相次いで盗まれていたことが20日、町への取材で分かった。町は石川署に被害届を提出、同署が窃盗事件として調べている。

 町によると、盗まれたのは「グレーチング」と呼ばれる格子状のふたで、1枚当たりの重さは約40キロ。約2カ月間に町道だけで62枚が盗まれ、国道でも被害が確認された。このうち今月19日午前には同町の町道で30枚が盗まれていることが分かった。

 町は盗まれた場所には別のふたを設置したほか、巡視パトロールを実施している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補