「ロゼワイン」23日発売 逢瀬ワイナリー、会津若松産ブドウ使用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ラベル貼り作業をする従業員ら=ふくしま逢瀬ワイナリー

 福島県郡山市の「ふくしま逢瀬ワイナリー」は23日、会津若松市産のブドウを使ったスパークリングワイン「マスカット・ベーリーA&スチューベンロゼ2018」を発売する。20日、同ワイナリーで従業員がラベル貼り作業に取り組んだ。

 同市産ブドウのロゼワインは2015(平成27)年度から販売しており、4シリーズ目。今年は従来の「マスカット・ベーリーA」に新たな品種「スチューベン」を加えて醸造。心地よい泡にベリー系のフレッシュで甘く、爽やかな香りが広がるのが特徴という。

 同ワイナリーやJR郡山駅の「郡山おみやげ館」、うすい百貨店などで販売する。フルボトル(750ミリリットル)2500円(税別)。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補