南相馬の魅力発信 市民企画スタディツアー始動、野菜収穫体験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
野菜の収穫に取り組んだ参加者

 南相馬市は20日までに、市外の人に南相馬を知ってもらうきっかけづくりとして、市民自らが企画運営した初めてのスタディツアーを開いた。

 第1弾となった今回は「タケごはんがタケちゃうツアー!in農家民宿」と題して、地域おこし協力隊の綱真奈美さんが企画した。

 同市鹿島区で行われたツアーには県内外から8人が参加した。初日は農家民宿「森のふるさと」で、大根や白菜、サトイモの収穫体験を行った。鹿島生涯学習センターでは、収穫した野菜の放射能簡易分析と放射能に関する基礎知識を学んだ。

 最終日は竹飯ごうを使ったご飯作りに挑戦した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補