閉校惜しみコンサート 伊達・富成小、地元出身オペラ歌手演奏

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来場者を魅了した佐藤宏之さん

 来年3月に閉校する伊達市の富成小で19日、コンサート「富成小と仲間たち 夢は永遠に」が開かれ、地域住民が閉校を惜しみながら楽しい時間を過ごした。

 児童13人が校歌を披露し、来場者も一緒に口ずさんだ。富成地区生まれのオペラ歌手佐藤宏之さんが美声を響かせ、来場者を魅了した。

 佐藤さんのほか、いずれも同地区出身の佐藤武寿県医師会長らが思い出を語り合った。最後に全員で「ふるさと」などを合唱した。