助産師出向事業の活動や成果報告 県看護協会が交流会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
意見交換した交流会

 県看護協会は20日までに、郡山市の看護会館みらいで「県助産師出向支援事業」の推進に向けた交流会を開き、参加者が事業の成果や課題などを報告した。

 同事業は、助産師の能力向上や人手不足への対応などを目的に、2016(平成28)年度に始まった。

 約30人が出席した。本年度の出向事業に参加した助産師や受け入れ施設の担当者らが活動内容や成果、準備などについて報告し、意見交換した。