暖房器具など110点窃盗か 逮捕の男、店の営業中に台車で運ぶ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島北署が盗みの疑いで逮捕した大玉村、無職、容疑者男(31)が福島、郡山両市周辺でセラミックヒーターや石油ファンヒーター、加湿器などの盗みを繰り返していたとみられることが21日、同署への取材で分かった。同署によると、被害は少なくとも約110点(計約120万円)に上るとみられる。

 同署によると、容疑者は8月ごろから20回以上にわたり万引を繰り返した疑いがあるという。同署は容疑者が売却したとみられるヒーターなど約90点を転売先から押収した。容疑者は店の営業時間中に台車などに載せて商品を運び出したとみられる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補