ガンバレ!介助犬ハッシュ 西郷・熊倉小でイベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
介助犬のハッシュに指示を出す代表児童

 JA夢みなみとJA共済連福島は24日までに、西郷村の熊倉小で介助犬の仕事を学ぶ「ガンバレ!介助犬!JA共済はたらくワンワンランド」を開いた。

 日本介助犬協会の協力で介助犬のハッシュが登場。同協会メンバーの指示で発券機から券を取ったり、要介助者の靴や靴下を脱がせる動作など介助犬の仕事を披露した。

 参加した2年生約70人はハッシュの正確な動きに大きな拍手を送った。

 介助犬に関するDVD鑑賞や絵本の読み聞かせ、代表児童が指示を出してハッシュに落とした鍵を拾わせる体験も行われた。