サッカー・香川真司選手に聞く 「夢に向かい全力エンジョイ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
インタビューに答える香川選手=Jヴィレッジ

 サッカーを通じて東北復興を応援するキリングループの事業「JFA・キリンビッグスマイルフィールド」が24日、Jヴィレッジ(楢葉、広野町)で行われ、ドイツ1部リーグ、ドルトムント所属の香川真司選手が復興支援や子どもたちへの思いを語った。

 ―一部再開したJヴィレッジでの活動となった。
 「クラブユース選手権の全国大会をここで戦った。思い出が詰まっており、再開をうれしく思う。子どもたちがこの場所から、日本を背負って立ってくれると思うと楽しみだ」

 ―復興支援活動への思いを。
 「東北の子どもたちが世界に羽ばたくというのが僕の夢だ。僕を目標にしてくれている子どもがいることはうれしいし、少しでも影響を与えられるように頑張っていきたい。どんなジャンルであれ、いずれ世界で活躍してほしい。そういう子どもたちを見てみたい」

 ―子どもたちにメッセージを。
 「大きな夢を持ち、それに向かって全力でエンジョイしてほしい。いろいろな試練はあるだろうが、先を恐れず、考えず、自分のやりたいことをやってほしい。それが将来につながる。それを感じてほしい」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補