新年の幸を求め「年の市」 福島・稲荷神社でしめ縄や鏡餅など

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
正月の縁起物が並ぶ「年の市」=25日午後、福島市

 福島市宮町の福島稲荷神社で25日、恒例の「年の市」が始まった。しめ縄や宝船など縁起物を買い求める人でにぎわっている。

 しめ縄や鏡餅などを販売する露店約15店が境内に軒を連ねる。しめ縄を購入した同市の男性(50)は「家族が健康で無事に過ごすことができた。来年も良い年になってほしい」と話した。

 福島稲荷年の市組合によると、買い物客のピークは28日ごろ。年の市は来年1月3日まで開かれる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補