南相馬「やまさん」海外1号店 ベトナムにフルーツジュースバー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ベトナム・ホーチミン市に開店した「フルーツ・ジュース・バー・ヤマサン」

 南相馬市のフルーツ専門店「やまさん」が、海外1号店となる「フルーツ・ジュース・バー・ヤマサン」をベトナム・ホーチミン市に開店した。現地でのブランド力を高め、5年間で同市を中心に同国内での5店舗の展開を目指す。

 ホーチミン市に22日開店したショッピングセンターの4階に店を構え、現地で希少価値の高いベリー系の果物を中心に30種類の生搾りジュースを提供する。価格は日本円にすると450ミリリットルで300~650円程度。県産の梨や桃などを使ったメニューの提供も計画しており、年間で2500万~3千万円程度の売り上げを見込む。

 谷田部真敏社長は出店について「経済成長に伴う健康志向の高まりで高品質のフルーツジュースバーの需要が高い」と説明。「少子高齢化や人口減少で国内市場が縮小していく中、地方の青果店による海外出店が地方創生のモデルの一つになれば」と話している。

 同社は現地法人「ヤマサンインターナショナル」を設立。社長、店長ら7人を現地で雇用した。