八幡屋、災害時の避難場所協力 石川町と合意書

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
合意書を交わした渡辺社長(左)と塩田町長

 八幡屋と石川町は26日、災害時用LPガス設備などの使用に関する合意書を調印した。

 地震などの災害発生時、八幡屋の敷地にあるLPガス設備や発電設備、駐車場や建物などを、町が避難場所として無償で使用できる。また、原発災害などで他市町村から避難住民を受け入れる避難場所として使用する。八幡屋が町に協力を申し入れ、実現した。

 町役場で調印式が行われ、渡辺武嗣社長と塩田金次郎町長が合意書を交わした。渡辺社長は「全国各地で災害が発生している。一企業として安全・安心で住みよいまちづくりに貢献していきたい」と述べた。塩田町長は「大規模災害時には協力して対応したい」とあいさつした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補