原田環境相『賢い消費』広めたい 「プラごみ」削減意識高める

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「国民各界各層の理解と協働を促進し、プラごみ削減を進める」と語る原田環境相

 原田義昭環境相は福島民友新聞社のインタビューで、プラスチックごみ(プラごみ)の削減目標や具体策を定めた「プラスチック資源循環戦略」をまとめ、来年6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合で国際社会の取り組みを先導する決意を示した。環境省が提唱する「プラスチックスマート」キャンペーンへの協力を働き掛け、国民の意識を高める考えを強調した。(聞き手・編集局次長 佐藤掌)

 ―プラごみが海の生態系に与える影響は。
 「5ミリ以下のマイクロプラが生態系や人に及ぼす影響は現時点で未解明の部分が多い。周辺海域の漂流マイクロプラの分布調査や含有、吸着した有害物質の解析を継続的に進める」

 ―中国が輸入を規制し、日本のプラごみが行き場を失うのではないかと懸念されている。
 「多少滞っているのは事実。調査で4分の1の自治体の保管量が増え、基準超もあった。不法投棄がないよう普及啓発や監視強化の検討を都道府県などに依頼した。関係機関と情報を共有するとともに既存施設の利用促進、処理設備の導入支援など対策を講じたい」

 ―国際社会で日本のプラごみ対策の遅れが指摘されている。来年のG20に向けどう対応するか。
 「途上国を巻き込んだグローバルで実効性のある取り組みを打ち出し、国際的な議論をリードしたい。国内は3R(リデュース=発生抑制、リユース=再使用、リサイクル=再利用)の考え方を基に技術を磨き、循環型社会を築く。(日米両国が未署名の)海洋プラ憲章を包含するような戦略で先進的な対策に取り組む」

 ―レジ袋の有料化を義務付ける方針を巡り、コンビニ業界などが難色を示している。
 「使い捨てプラの不必要な使用、廃棄を抑えなければならない。最前線で使う消費者が大事だ。有料化を通じてライフスタイルの変革を促し『ワイズコンサンプション』(賢い消費)を広めたい。一方、有料化した企業だけ不利になってはいけない。消費者、生産、流通に関わる多くの中小企業の意見を丁寧に聞いて取り組む必要がある」

 ―環境に優しい代替素材へ転換が求められている。
 「あらゆる対策を講じて国民、各界各層の理解と連携を促進し、バイオマスプラを最大限導入するよう目指す。紙やバイオマス、生分解性プラの生産設備の導入、技術実証を支援する」

 ―プラごみ削減へ機運をどう高めていくか。
 「プラとの賢い付き合い方を目指す『プラスチックスマート』キャンペーンに積極的に参加していただきたい。行政や個人、企業などの取り組みを募り、国内外に発信することで国民の意識向上、協力を促したい」