郡山市が仕事納め・始め式「中止」 働き方改革、メールを活用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市は27日までに、年内の業務最終日の28日に予定していた仕事納め式と、来年1月4日の年始めの仕事始め式を行わないことを決めた。働き方改革の一環としている。来年度以降の実施の有無は未定で、今後検討する。

 仕事納め式は毎年、業務に支障がない職員や行政センター所長らが参加。仕事始め式については、今年から課長職以上などの職員に限定していた。今回は市職員専用のメールシステムを活用し、品川萬里市長の年末年始のあいさつ文を職員に配信する予定。

 市は業務の効率化を図り、市民サービスへの還元につなげたい考え。