会津と中通り北部「大雪」 檜枝岐で54センチ、福島20センチ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
足元を気にしながら先を急ぐ人たち=28日午前8時40分ごろ、JR福島駅東口前

 28日の県内は、会津と中通り北部の一部で大雪となり、午後4時までの24時間降雪量は檜枝岐村で54センチ、只見町と南会津町南郷で41センチ、福島市で20センチを記録した。福島地方気象台によると、会津を中心に30日ごろにかけて雪が断続的に強く降り、大雪となる見通し。

 29日は会津は雪、中通り、浜通りは晴れや曇りだが、雪の降る所がある見込み。同日午後6時までの24時間に予想される降雪量は多い所で、会津の山沿いで60センチ、平地で30センチ、中通りの山沿いで30センチ、平地で15センチ。気象台は、大雪による交通障害や農業施設への被害、屋根からの落雪、雪崩に注意するよう呼び掛けている。

 大雪の影響でJR奥羽線は28日、庭坂―米沢駅間の上下線を始発から終日運休とした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補