直径90センチ!願いを込め「大鏡餅」奉納 郡山・安積国造神社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
拝殿に担ぎ込まれ奉納される大鏡餅=28日午前、郡山市・安積国造神社

 郡山市の安積国造神社(安藤智重宮司)は28日、年末の風物詩「大鏡餅つき行事」を同神社で行い、氏子たちが家内安全や商売繁盛、五穀豊穣(ほうじょう)などの願いを込めて鏡餅を奉納した。

 氏子らが午前5時ごろから臼と杵(きね)を使ってもち米をつき、2段重ねで直径約90センチの鏡餅を二つ完成させた。奉納式では、氏子たちが大鏡餅を台に載せて拝殿に担ぎ入れ、神前に供えた。