最新小児医療に理解深める 福島学院大生、福島医大付属病院で研修

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小児医療に理解深める学生ら

 福島学院大福祉学部子ども学科の学生は28日までに、福島医大付属病院を見学し、最新の小児医療の現場や子育て支援に必要なことを学んだ。同学科の授業「子育て支援政策」の一環。

 子育て支援の現状を学ぼうと現場研修を行った。4年生11人が参加した。

 学生は同病院の子ども医療センターなどを見学。小児科学講座の陶山和秀講師、看護部の二丹玲子師長から小児医療の現状や病棟保育士の仕事についての講義を受けた。