「大雪」影響でJR各線に運休や遅れ 圧雪凍結50センチ段差も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大雪の影響で29日、JR各線のダイヤが乱れた。奥羽線は終日、庭坂―米沢間上下線を運休した。磐越西線は、猪苗代町の安子ケ島駅でポイントが切り替わらない不具合が発生、郡山―会津若松間上下線計2本が遅れた。

 このほか、只見線は只見―大白川間で午前9時5分から約5時間にわたり運転を見合わせ、上下線2本が運休した。

 福島市笹谷字中谷前の踏切付近の市道では、圧雪凍結で約50センチの段差ができたため、午後6時ごろから一時、交通規制が行われた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補