初売りへ福袋準備 中合福島店、袋いっぱいに商品

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初売りに向けて袋詰め作業が行われた「福々袋」=30日午前、福島市・中合物流センター

 福島市の中合福島店は30日、同市八木田の同社物流センターで、元日の初売りで販売する福袋の袋詰め作業を行った。法被姿の社員が手際よく商品を袋いっぱいに詰め込み、初売りに向けて備えていた。

 同店の福袋「福々袋」は限定100袋で、価格は1万800円(税込み)。リビングアイテムや雑貨、和洋菓子、催事で使える物産購入券千円分など約3万円相当の商品が入る。元日午前8時に整理券を配り、同8時30分から販売する。

 作業を行った担当者は「新年に福が訪れるよう願いを込めて袋詰めした。ぜひ来店を」と呼び掛けた。同8時30分と同9時からは山木屋太鼓「鴉(からす)」が新春祝い太鼓を披露する。