福島で積雪42センチ 12月観測史上最高並ぶ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
雪に覆われた福島市内=30日午前8時45分ごろ

 30日は強い冬型の気圧配置が続いた影響で、県内各地で大雪を観測した。

 福島地方気象台によると、福島市では前日から降雪が続き、30日午前8時時点の積雪の深さが42センチを記録、1970(昭和45)年12月1日と並び12月の観測史上最高となった。

 そのほか県内では、南会津町や猪苗代町で20センチの降雪がみられた。

 31日も冬型の気圧配置が続く影響で、会津や県北で積雪がある見込み。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補