同世代の交流楽しむ 郡山で「30歳の大同窓会」、古里の魅力再認識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
内堀知事と記念写真を撮る参加者

 若い世代に福島県の魅力を再認識してもらおうと郡山市で30日、若者が集うイベント「30歳の大同窓会『ふくしま0次会』」が開かれ、参加者が県産日本酒などを楽しみながら同世代との交流を楽しんだ。

 県の主催。参加したのは本県在住か、住んだ経験のある20~30代の約350人。

 内堀雅雄知事が乾杯のあいさつをして、アカペラグループ「RAG FAIR(ラグフェアー)」の引地洋輔さん(福島市出身)とトークステージを繰り広げた。

 トークでは、知事が「ヘビーメタルが一番好きで、学生時代は聴きながら勉強していた」と披露。参加者は知事の意外な一面を知るとすっかり打ち解け、トーク後は知事と写真撮影を求める列ができた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補