住宅コンクール受賞建築物決定 会津若松、優れた木造在来工法評価

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新築部門最優秀賞・樋浦建築の山口邸

 会津若松市建築業組合(鵜川太一組合長)主催の住宅コンクールの受賞建築物が29日までに決まり、新築部門の最優秀賞には樋浦建築の山口邸、リフォーム部門の最優秀賞には雪下工務店の星邸がそれぞれ選ばれた。

 会津地域の気候や風土、特性を生かし、優れた木造在来工法の建築物を建築した事業所を顕彰するため、毎年行われている。今回で23回目。

 吉田誠一県建築士会会津支部長を審査委員長に審査会が開かれた。表彰式は来年1月26日に同市の会津若松ワシントンホテルで行われる。

◇建築部門 ▽最優秀賞=山口邸(樋浦建築)▽優秀賞=鈴木邸(五十嵐工匠)▽技能優秀賞=石井邸(倉本建築)▽プランニング賞=渡部邸(荒明工務店)塩谷邸(樋浦建築)▽デザイン賞=長谷川邸(イデア)渡部邸(荒明工務店)棚木邸(五十嵐工匠)▽特別賞=建売住宅(平次建設)

◇リフォーム部門 ▽最優秀賞=星邸(雪下工務店)▽優秀賞=片桐邸(五十嵐工匠)▽特別賞=渡部邸(平次建設)赤城邸(荒明工務店)