郡山産米・あさか舞「甘酒」人気 郡山・開成山公園で試験販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
人気を集めたASAKAMAI887の甘酒

 郡山市産米「あさか舞」の食味などを高めた最高級ブランド米「ASAKAMAI887(アサカマイ・ハチハチナナ)」の試験販売第2弾は31日、同市の開成山公園で始まった。4日までで、ブランド米のほか、同米を使った甘酒やドリンクメニューが人気を集めている。

 郡山市やJA福島さくら、コメ販売店などでつくる、こおりやま食のブランド推進協議会の主催。宝来屋本店(同市)との協力で開発した、アサカマイ887を使用した特製甘酒を用意。またコーヒーストア・オブロスコーヒー(同市)がプロデュースした甘酒ラテ、甘酒コーヒーシェークも販売している。

 甘酒を飲んだ同市の自営業、女性(56)は「粒がはっきりしている。甘さはあるがさっぱりとしていて、後味は爽やか」と話した。

 オブロスコーヒーの荻野夢紘(ゆめひろ)オーナーは「甘酒の魅力を引き立たせるように考え、カフェモカのような味に仕上がった。年齢問わず飲んでみてほしい」と来場を呼び掛けている。

 甘酒などは各日数量限定で販売している。時間は1日は午後4時まで、2~4日は午前9時~午後4時。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補