強豪・東福岡に『雪辱』...尚志イレブン歓喜 全国高校サッカー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
身体能力の高さを生かしたプレーで攻守にわたって活躍した尚志のMF高橋〈14〉=浦和駒場スタジアム

 1年越しの雪辱に歓喜の雄たけびを上げた。さいたま市で2日行われたサッカーの全国高校選手権。尚志は前回苦杯を喫した東福岡に2―0で快勝。「悔しい思いをして、やってきたことを全員で出せた」。選手の言葉に努力の跡がにじんだ。

 勝敗の行方は、J1のFC東京に内定している右サイドバックの中村拓海(3年)をはじめ、相手の強力なサイド攻撃を封じられるかどうかにかかっていた。「相手の攻撃についていき、バランスよく守れるかが鍵だった」と仲村浩二監督。途中出場の多い俊足のMF高橋海大(かいと)(3年)を左サイドの「対中村」として先発で起用、その戦術が見事にはまった。

 「この試合でつぶれるくらいの気持ちでやってくれ」と指揮官に背中を押されピッチに立った高橋。サッカーのいわきFCに在籍する兄大河さん(尚志高卒)譲りの身体能力の高さを生かした動きで中村に仕事をする機会を与えず、攻撃の芽を摘んだ。

 サイドチェンジの要となる相手MFにも、FWの染野唯月(いつき)(2年)と二瓶由嵩(ゆたか)(3年)が前線から素早くプレッシャーをかけてパスの出どころをなくし、相手の持ち味をつぶした。

 同じ轍(てつ)を踏まないようにと揺るぎない強さを求めてきた尚志イレブン。仲村監督は試合後、「東福岡に本当に勝ちたくて1年間やってきた」としみじみと語った。前回の敗戦から選手同士の8対8の練習に力を入れてきたのも、東福岡のようなサイドライン際まで広くピッチを使ってプレーする相手に対応するためだった。少ない人数でプレーすることで広い視野と運動量を養ってきたことが待ち望んだ雪辱の舞台で実った。

 高橋が「サイドにボールが入っても2人で囲む準備ができていた。落ち着いて対応できた」と手応えを口にすると、主将の大川健(3年)は「無失点に抑えられた、価値のある勝利だった」と強調した。

 次は7年ぶりのベスト8を懸けて前回王者の前橋育英(群馬)に挑む。大川は「毎試合が決勝だと思って臨んでいる。一戦必勝で自分たちのやってきたことを信じて戦い抜くだけ」ときっぱり。自信を糧にチームは一段階の成長を遂げた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補