仲むつまじく夫婦獅子舞 田村・船引で五穀豊穣や家内安全など祈願

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
仲むつまじい姿を披露した夫婦獅子舞

 田村市船引町の大鏑矢神社に伝わる「夫婦獅子舞」のお渡りが3日、同市船引町で催された。2頭の獅子が仲むつまじい姿を披露し、五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全、地域繁栄などを祈願した。

 夫婦獅子舞は807(大同2)年、雄獅子と雌獅子の2頭の獅子頭が天から降ってきたことが由来とされている。市の民俗文化財に指定され、保存会が伝統継承に取り組んでいる。

 同市船引町の神社や個人宅、ショッピングセンターなどで披露された。今年1年の福にあやかろうと、多くの人が獅子の口に頭を差し出した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補