五輪開催備えキャッチフレーズとロゴ 福島市、年内に作成へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
トークを繰り広げる(左から)木幡市長、大野さん、渡辺会頭

 福島市は今年、同市を外部に紹介する新しいキャッチフレーズとロゴマークを作成する。2020年東京五輪で、野球・ソフトボール競技が行われる同市を訪れる国内外の人たちに市をアピールしたい考えだ。木幡浩市長が、4日の市新年市民交歓会でのあいさつで明らかにした。

 木幡市長は東京五輪に関係する取り組みについて、「東京五輪に向けた機運をさらに高め、新ステージに向けた財産として引き継げるよう取り組む。こうした動きに合わせ、インパクトのあるキャッチフレーズとロゴマークを市民参加で作っていきたい」と述べた。

 市民交歓会では、元広島東洋カープ投手でアテネ五輪、北京五輪で日本代表投手コーチを務めた大野豊さんが、木幡市長と渡辺博美福島商工会議所会頭と共に登壇し「五輪成功に向け、市民が一つになって、笑顔で各国の選手らを迎えてほしい」と呼び掛けた。