「日本一早い」山開き 元朝登山で初日の出、新地の鹿狼山

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初日の出を楽しむ登山者たち=新地町・鹿狼山

 新地町の鹿狼山で1日、「日本一早い」と銘打った山開きが行われ、約3千人(主催者発表)が元朝登山を楽しんだ。参加者は頂上で初日の出を楽しみ、1年の幸せを願った。

 町観光協会の主催。閉山期間がないことを生かし、40回目となる元旦登山と合わせて企画した。

 午前5時30分に登山口で式典を行い、参加者が2コースに分かれて山道を登った。午前6時50分ごろに雲間から初日の出が上がると登山者から歓声が上がり、山頂から望む御来光を楽しんだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補