「はしご乗り」妙技に歓声 相馬小高神社、復興加速と発展願う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
妙技を披露したはしご乗り=4日午前、南相馬市小高区・相馬小高神社

 福島県南相馬市小高区の相馬小高神社で4日、新春恒例の「はしご乗り」が奉納され、関係者が古里の復興加速と発展を願った。

 県鳶土木工業連合会相双支部の主催。地元建設会社の役員らがそろいのはんてん姿で今年1年の安全を祈願した後、木やり歌に合わせて「まとい振り」を披露した。

 続いて、太夫と呼ばれる若衆6人が、地上約6メートルのはしごの上で逆立ちをしたり、両手両足でバランスを取るなど妙技の数々を披露。会場を訪れた住民から大きな歓声を受けた。