廃炉機器の管理強化 小早川東電社長、3号機不具合を反省

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
年頭のあいさつをする小早川社長=会津若松市・東京電力猪苗代事業所

 東京電力の小早川智明社長は4日、福島第1原発の廃炉作業を巡り、機器の安全性や品質管理体制を高めるため、東電としての関与を強める考えを示した。

 会津若松市の同社猪苗代事業所で社員に年頭あいさつし、昨年、福島第1原発3号機で相次いだ機器の不具合の反省から「高い安全と品質で進めるため、今年は廃炉事業の内製化に本格的に取り組んでいきたい」と語った。小早川社長は年頭あいさつ後、報道陣に地元企業と一緒に廃炉事業を進める考えも明らかにし、「エンジニアリングを中心に事業形成を図っていきたい」と述べた。

 一方、福島第2原発の廃炉決定の時期については「第1原発の廃炉が最重要。第2原発と合わせ、慎重に検討している」として明言を避けた。年頭あいさつではこのほか、県産品への風評払拭(ふっしょく)に関し「首都圏での流通促進に加え、地元の農業や漁業を復興する取り組みにも積極的に協力していきたい」と語った。

 復興本社の大倉誠代表もあいさつし「福島の責任を果たすことは従うことではなく、使命感を持って前に進むこと」と語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補