新聞ぐしゃぐしゃ...『一富士二タカ三ナスビ』 いわきでアート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新聞紙を丸め、ガムテープを貼り付けて形作るテープ工作に挑戦する子どもたち=いわき市立美術館

 いわき市立美術館は5日、同美術館でわくわくアートスクールを開き、子どもたちが新聞紙とガムテープで「一富士二タカ三ナスビ」を作り、縁起が良いとされる「初夢」を形で表現した。

 市内の小学生10人が参加した。造形作家の関口光太郎さんを講師に、どの家庭にもある新聞紙を丸め、ガムテープを貼り付けて形作るテープ工作に挑戦した。

 子どもたちはくしゃくしゃにした新聞紙を積み重ね、ガムテープで固定しながらどこまで高い"山"を作れるか競争。会場に敷き詰められた新聞紙の"プール"に飛び込む子どももいて、楽しい正月を過ごした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補