新春彩る尺八の音色 郡山で邦楽ユニットが演奏会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山、田村両市の尺八奏者3人でつくる邦楽ユニット「尺八HATORI(ハトリ)」は5日、郡山市麓山の市公会堂で「こと&尺八演奏会」を開き、新春にふさわしい曲を披露した。市民ら約150人が尺八の音色に聞き入った。

 出演したのは、代表で琴古流の竹林鴻雲さん(72)=郡山市=と都山流の郡司荘山さん(67)=田村市、鈴木斉山さん(67)=郡山市。新春の演奏会は2年連続で、一尺八寸管のみによる尺八三部合奏曲「竹林群声」のほか、正月らしい「春一番」「松竹梅」など6曲を奏でた。

 箏曲の桜井祐子さん、武田奈緒子さん、竹林由喜さんが賛助出演した。

 聴衆は演奏を聴きながら、新春に日本の伝統文化に触れた。