1年の幸福願い「七日堂まいり」 郡山・如宝寺、新年恒例初市

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
今年1年の幸福を願う参拝者=6日午後、郡山市・如宝寺

 郡山市堂前町の如宝寺に祭られている馬頭観世音の祭礼「七日堂まいり」は6日、同寺で始まった。新しい1年の幸福を願って多くの参拝者が訪れ、境内が活気にあふれた。7日午後4時まで。

 地域の守護仏とされる馬頭観世音は、参拝者の願いを馬が走るように早くかなえると伝えられており、祭礼は新年恒例の初市として市民に親しまれている。

 初日は午後3時から祭礼が始まり、家内安全や無病息災、合格成就などを祈願する参拝者の長い列ができた。境内には約100軒の出店が並び、だるまや熊手、今年の干支(えと)「亥(い)」の飾りなどを買い求める人でにぎわった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補