尚志イレブン、打倒!青森山田へ始動 Jヴィレッジで練習再開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
準決勝に向けて、軽快な動きでアピールしたDF黒沢(右から2人目)=Jヴィレッジ

 サッカーの第97回全国高校選手権で県勢初の決勝進出を目指す尚志は7日、Jヴィレッジ(楢葉、広野町)で練習を再開し、準決勝の青森山田戦に向けて始動した。

 4試合に出場したレギュラー陣は約1時間30分、ランニングやストレッチなど軽めの調整をした。途中出場の選手らは約2時間、パス練習を中心に汗を流した。選手は8日からボールを使った本格的な練習を取り入れ、10日までJヴィレッジで、青森山田を想定したセットプレー対策や守備の連係を確認する予定だ。仲村浩二監督は「素晴らしい天然芝のピッチを準備してもらった。天然芝でもパスのスピードを落とさず、パスサッカーができるように調整する。試合時間も90分になるので、意識させながら練習をしていきたい」と話した。

 尚志は大会第6日の12日に、さいたま市の埼玉スタジアム2002で行われる準決勝第1試合で、青森山田と対戦する。午後0時5分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補