「梅毒」患者...新たに2人確認 福島県、インフル患者196人増

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県が7日に発表した県感染症発生動向調査週報(昨年12月24~30日)によると、県内83定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は365人で前週から196人増えた。県北、県南、会津で小流行が続いており、県が注意を呼び掛けている。中核市、保健福祉事務所別で患者数が最も多いのは県中で86人、次いで県北59人、郡山市57人、いわき市56人などだった。

          ◇

 新たに2人 県は7日、新たに2人の梅毒患者が確認されたと発表した。昨年1月以降、県内の梅毒患者は104人(男性76人、女性28人)となった。