おどけて笑い誘う「七福神」ご一行様 本宮で八ツ田内七福神舞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
五穀豊穣や家内安全などを願って披露された七福神舞

 本宮市白岩字塩ノ崎の八ツ田内(やっとうち)地区に伝わる伝統行事「八ツ田内七福神舞」は7日、同地区の民家で行われ、七福神の一行が五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全を祈願した。

 350年以上続く伝統行事で地区の10軒でつくる保存会が継承している。七福神が笛や太鼓などのおはやしに合わせて踊りながら1人ずつ登場。その後、2人のひょっとこの面を着けた男性がおどけた様子で現れ、養蚕の用具「まぶし」を編む様子などを滑稽に演じて笑いを誘った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補