幸福願い「会津かわひがし八日市」 縁起物出店などにぎわう

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大勢の人でにぎわった八日市の大抽選会

 会津若松市河東町の恒例行事「会津かわひがし八日市」は8日、JR広田駅前で開かれ、地域住民らがだるまや風車、起き上がり小法師など各種縁起物を買い求め、1年の健康や家内安全を願った。

 広田商店会の主催、あいづ商工会の共催で、地域の活性化を目指して始まった。歩行者天国の会場には約10軒の露店が立ち並び、縁起物や地場産品などを買い求める人々でにぎわった。

 現金1万円などが当たる「あいづ商工会商業まつり大抽選会」も開かれ、抽選券を手にした参加者でにぎわった。甘酒の振る舞いも行われた。