須賀川産ユキヤナギなどPR 全国有数の出荷量、JA夢みなみ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
橋本市長(左から3人目)に花木を贈った三浦班長(左)と大橋班長(同5人目)ら

 全国有数の出荷量を誇る須賀川市のユキヤナギと西洋ウメモドキをPRしようと、JA夢みなみすかがわ岩瀬地区花卉部会雪柳班と西洋うめもどき班は9日、市役所を訪れ、橋本克也市長にユキヤナギと西洋ウメモドキをそれぞれ約130本贈った。

 花木は、三浦浩一雪柳班長と大橋清則西洋うめもどき班長らが橋本市長に贈った。

 同JAの池田浩春常務理事、大和田孝すかがわ岩瀬地区支援センター長、設楽芳範すかがわ岩瀬地区花卉部会長、広田克彦雪柳班副班長が同行した。

 寄贈されたユキヤナギと西洋ウメモドキは、橋本市長が同日、福島市での新年あいさつ回りで訪問先に配布、PRした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補