アメリカ、ドイツなど世界6地域の観光事情 12日、福島大生発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
イベントに向けて打ち合わせをする学生

 福島大経済経営学類は12日午後4時から、福島市のアオウゼで同学類の学生が世界6地域で調査した現地の観光事情などを発表する「ワールドツアーwith Fukudai」を開く。参加無料。

 学生がゼミ旅行や語学研修などで訪れた中国、タイ、韓国、ドイツ、ロシア、米国でアンケート調査を実施。現地人の観光に関する志向のほか、日本や本県を観光で訪れる場合に求めるものなどを調査した結果を発表する。6カ国語での歌の披露や各国の料理の試食会なども行う。

 9日、同大で発表を担当する学生らが打ち合わせをした。インターンで米・テキサスを訪れた伊藤如晏(じょあん)さん(4年)は「現地で働き方の違いなどを感じ、異なる文化に触れることで自分の軸を見つめ直すきっかけになった。イベントでは調査結果の発表や試食会などを通じて楽しみながら異文化を学んでほしい」と来場を呼び掛けた。