郡山産コイ料理PR キャンペーンに91店舗参加

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
市磐梯熱海観光物産館で販売しているコイのうま煮や角煮

 郡山市は11日、市内の飲食店や宿泊施設でコイ料理などを提供する「鯉食キャンペーン"旬"」を始めた。郡山産コイの消費拡大を目指す取り組みの第4弾で、過去最多となる91店舗が参加する。

 2月14日までで、スーパーや直売所が新規で参加。うま煮や洗い、角煮など身近なおかずとして食卓に並ぶような加工品を販売している。

 郡山市磐梯熱海観光物産館では特設コーナーを設け、うま煮と角煮を扱っている。昨年5月の開所から一押し商品として紹介してきたが、キャンペーンに参加することで、松村正彦館長(61)は「コイの文化を盛り上げ、販売量の増加につなげたい」としている。