東北新幹線が「強風」で一時運転見合わせ 東北線は運休や遅れ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 JR東北新幹線は11日、不具合や強風の影響による停車が相次いだ。

 福島―白石蔵王間で午前6時15分ごろ、風速計が規制値の秒速35メートルを上回る強風を観測し、福島―仙台間の上下線で一時運転を見合わせた。東京発新青森・秋田行きの下り列車の異常や異音の感知もあった。

 JR東北線新白河―仙台間は午前6時ごろから、強風の影響で断続的に運休や遅れが発生した。上下線で区間運休を含めて計11本が運休、14本が最大3時間13分遅れた。約4200人に影響が出た。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補