深夜に乗用車...住宅の「寝室」突っ込む 家人の85歳男性が重傷

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 10日午後11時50分ごろ、会津若松市、男性(85)方の一戸建て住宅に同市、会社員、男性(50)の乗用車が突っ込んだ。85歳男性が右足の骨を折るなどの重傷。同居の家族2人と乗用車の男性にけがはなかった。会津若松署が原因を調べている。

 同署によると、50歳男性は85歳男性の寝室に突っ込み、85歳男性は倒れたたんすの下敷きになった。

 現場は国道118号沿い。国道は片側1車線の見通しの良い直線道路で、事故当時は雨で路面がぬれていた。車が突っ込んだ衝撃音を聞いて集まった近隣住民で一時騒然となった。