尚志、青森山田にPK戦で敗れる 全国高校サッカー・準決勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【尚志―青森山田】前半26分、先制ゴールを挙げる尚志のFW染野(9)=埼玉スタジアム2002

 サッカーの第97回全国高校選手権第6日は12日、さいたま市の埼玉スタジアム2002で準決勝が行われた。本県代表で5年連続10度目出場の尚志は青森山田(青森)と対戦、3―3と前後半90分でも決着がつかず突入したPK戦で2―4で敗れ、県勢初の決勝進出はならなかった。

 尚志は前半26分、右からのFKをFW染野唯月(いつき)(2年)が右足で流し込み先制。後半にPKなどで2点を失ったものの、後半23分には再び染野のゴールで同点とした。同30分には染野がハットトリックとなる3点目を挙げて勝ち越し。同40分に同点に追い付かれた。PK戦では尚志の2人が外し、敗れた。

 尚志は2011(平成23)年度の第90回大会以来、7年ぶり2度目の3位に輝いた。