国道118号で路線バスに乗用車追突 35歳男性重傷、バス乗降中

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 12日午前7時30分ごろ、会津若松市の国道118号で、路線バスに同市、会社員、男性(35)の乗用車が追突した。男性は鎖骨を折る重傷、バスの乗客4人とバスの運転手男性(27)にけがはなかった。

 会津若松署によると、現場は片側1車線の直線道路。バスは乗客を降ろすためバス停で停車中だったという。乗客は約40分遅れで代替バスに乗り換えた。