郡山の病院長、首絞められ死亡 殺人未遂疑いで34歳の息子逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 12日午後5時ごろ、郡山市、医師、男性(69)方=病院長=で「息子が(父親の)首を絞めた」と69歳男性の妻から110番通報があった。69歳男性は同5時44分、搬送先の病院で死亡が確認された。

 郡山署員が駆け付けたところ、自宅にいた息子が「俺が殺した」と供述したことから、同署は同5時45分、殺人未遂の疑いで同居する息子の無職、容疑者男(34)を現行犯逮捕した。同署によると、容疑者は次男とみられる。

 逮捕容疑は、自宅で父親の69歳男性の首を手で絞めて殺害しようとした疑い。同署は死因を調べるとともに殺人容疑に切り替えて捜査する方針。同署によると、家庭内でトラブルがあったとみられる。

 69歳男性方は1、2階に医院があり、3、4階が自宅だった。捜査関係者によると、物音が聞こえたため、妻が3階に駆け付けたところ、廊下で容疑者が父親の首を絞めていたという。当時は2人きりだったとみられる。建物内には、ほかに複数の医院関係者がいたという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補