県立中学校で「入学者選抜」 ふたば未来112人、会津学鳳216人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
入学者選抜に臨む受験生

 県立中学校の入学者選抜は12日、県内2会場で行われ、小学生が今春開校する広野町のふたば未来学園と、会津若松市の会津学鳳の試験にそれぞれ臨んだ。

 ふたば未来の受験者数と倍率は一般選抜が定員48人程度に対して95人で1.98倍、スポーツ選抜が定員12人程度に対して17人で1.42倍だった。スポーツ選抜はいずれもバドミントンで実技などが行われた。

 会津学鳳は定員90人に216人(前年度比33人増)が受験し、倍率2.4倍(同0.37ポイント増)だった。

 ふたば未来の一般選抜と会津学鳳の試験では、適性検査や面接を実施した。結果は12日に受験者に郵送される。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補