高齢者に愛情弁当 相模女子大生ら届ける、本宮・給食サービス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
愛情込めて弁当を仕上げる学生たち

 本宮市(福島県)と地域協働活動協定を結ぶ相模女子大(神奈川県)の学生は12日、同市社会福祉協議会のふれあい型給食サービスボランティアに参加し、愛情がこもった弁当を提供した。

 同大と同市などが取り組む本宮SMILEプロジェクトの一環。同協議会の会食サービスに参加できない1人暮らしの高齢者宅などに出向き、出来たての弁当を配食した。

 学生5人や本宮農家民宿連絡協議会のメンバーらが参加。メニューは、学生たちが同大の管理栄養士などからアドバイスを受けて考案。笑顔を届けたいとの思いを込めて「SMILE弁当」と名付けた。

 地元産の食材にこだわり、白沢とろろ芋やカブ、レンコン、白菜などを使用。長芋のグラタンやカブの即席漬け、れんこんハンバーグなど、弁当箱に同市の魅力を詰め込んだ。

 実際に配食も行い、訪問した高齢者から感謝を受けた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補