「フランドル音楽」3月1日紹介 ブリューゲル展・コンサート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市立美術館で開催中の「ブリューゲル展 画家一族150年の系譜」にちなんだ音楽イベント「レクチャーコンサート」が3月1日午後6時30分から、同市中央公民館で開かれる。

 古殿町出身のチェンバロ奏者、円谷俊貴さんが演奏を交えながら、ブリューゲル一族が生きた時代に演奏されていたフランドル(現在のベルギーを中心とした地域)音楽について紹介する。また、ベルギー生まれで父親が棚倉町出身、母親がギリシャ人のバイオリニスト、ノエ・乾(いぬい)さんが出演し、チェンバロとバイオリンの華やかな共演を繰り広げる。

 入場は無料で、限定500人。応募多数の場合は抽選となり、当選者にははがきで通知する。入場時、同美術館で開催中のブリューゲル展の観覧券(使用、未使用問わず)が1人につき1枚必要。

 申し込みははがき、またはホームページの申し込みフォームから。はがきの場合は氏名、住所、年齢、電話番号、参加人数(申し込み1件につき2人まで)を記載し、郡山市安原町字大谷地130の2、郡山市立美術館「レクチャーコンサート」宛てへ。締め切りは2月12日。

 同展は、郡山市立美術館、福島中央テレビ、福島民友新聞社でつくる実行委の主催。