「福島丸」ハワイへ出港 いわき海星高生、マグロ漁など実習

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大勢の保護者らの見送りを受け出港する実習生ら

 いわき海星高(いわき市)の本年度最後の航海実習が12日、始まった。実習生らを乗せた練習船「福島丸」が同日、関係者らに見送られながら小名浜港を出港した。

 専攻科の海洋科1、2年生7人と、機関科1年生6人らが乗船した。実習は47日間の日程。

 生徒たちは米国ハワイ沖でマグロはえ縄漁を行うほか、船上生活や船の機関技術などについて学ぶ。2月27日に帰港予定。

 出港式では、機関科1年の四家里季也さんが「有意義な乗船実習にしたい」と決意を披露した。この後、実習生らは船に乗り込み、大海へ出発した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補